喘息性気管支炎

急性気管支炎の仲間に入る、喘息に似た症状のある気管支炎を喘息性気管支炎と呼びます。

喘息性気管支炎は、気管支炎の発症から気管支の粘膜が腫れることで、呼吸をするときにゼーゼーという気管支喘息のような音の出る症状が特徴です。

喘息性気管支炎は、ウイルスやマイコプラズマ、クラミジアといった菌が原因で発症します。

喘息性気管支炎の症状は、最初は鼻水や咳や発熱などの風邪の症状が起こり、次第に咳が酷くなると痰が絡んだ湿った咳きになり、発熱することもあります。

気管支は腫れて狭くなっているため、呼吸が早くなり、息苦しくなると睡眠不足になる方もいます。
 

スポンサーリンク

乳幼児の喘息性気管支炎

喘息性気管支炎は、アレルギー素因のある子供に多く発症し、乳幼児特有の病気でもあります。

喘息性気管支炎,乳幼児,子供喘息性気管支炎を発症している乳幼児の症状は、咳や痰が絡みゼーゼーという音が聞こえるのが確認できます。

乳幼児の場合、気管支が大人と比べて細いため音が出やすくなります。

一度、喘息性気管支炎を発症すると、完治しても再発する可能性が高いのですが、80〜90%が6歳までには完治してしまう病気でもあります。

親からの遺伝的なアレルギーもありますが、主な原因はハウスダストやダニです。

そのようなアレルゲンをしっかり除去することで、喘息性気管支炎の発症リスクを下げることができます。

アレルギー素因のある乳幼児をもつお母さんはとても大変だとは思いますが、お子さんが喘息性気管支炎にならないように対策をとって、お子さんを守りましょう。
 

スポンサーリンク