慢性気管支炎

原因不明の咳や痰といった症状が長く続く状態を慢性気管支炎と診断されます。しかし、原因が明らかな場合には慢性気管支炎と診断されません。


慢性気管支炎では、長期間の喫煙などが原因で気管支腺や杯細胞が増加して痰が増えるようになります。また、慢性気管支炎のほとんどで肺気腫という病気を伴います。

このような病気をまとめて慢性閉塞性疾患=COPDと診断されます。
 

慢性気管支炎の原因と症状

COPD慢性気管支炎の主な原因として長期の喫煙、受動喫煙、排気ガス、大気汚染などが考えられています。

他にも、アレルギー体質、蓄膿症(副鼻腔炎)による咳や痰といった症状でも慢性気管支炎と診断されることがあります。慢性気管支炎の症状は、労作時の呼吸困難(息切れ)や慢性の咳、痰などがあります。

このような症状が、少なくとも1年のうち3カ月以上(おもに冬季にかけてが多い)咳と痰が持続し、それが2年以上続いて他の症状が見られなければ慢性気管支炎と診断されます。
 
スポンサーリンク

慢性気管支炎の治療

できるだけ気道をきれいにすることが治療の基本となります。

喫煙者は禁煙が最も重要になりますが、直ぐに禁煙をしても咳や痰の症状が長期間に渡って続くことがあります。息切れなどの症状がみられる場合には気管支拡張薬の吸入が有効です。

また、去痰薬や気管支拡張薬を使用することで、気管支の状態を整えることが大切です。

発熱した時に黄色い痰がある場合は、抗菌薬を服用することもあります。痰が排出されていけば咳も自然と少なくなります。
 

スポンサーリンク