急性気管支炎

急性気管支炎とは、気管から枝分かれした太めの気道に起きる炎症を指します。通常は風邪などのウィルス細菌感染によって発症します。

ライノウイルスやパラインフルエンザウイルスなどの風邪の原因とされるウイルス感染が原因と考えられていますが、気管支炎の大部分は原因不明です。

他にも、刺激性物質(ガス・煙・粉塵・ある種の汚染物質など)を吸い込むことが原因となる場合があります。

気管支炎の診断基準としては、風邪の症状の他にも咳や痰の症状が強い場合に急性気管支炎と診断されることがあります。
 

急性気管支炎の症状

急性気管支炎の主な症状は、とにかく咳が頻発します。はじめは痰が絡まらない乾いた咳から始まるのですが、その咳が長期間続く場合には急性気管支炎を疑います。

急性気管支炎,原因この咳は最も治りにくい症状で、治るまでに数週間以上かかるケースが多くなります。

また、喫煙や寒気の吸入、気道が乾燥することで症状が悪化することがありますので注意してください。

多く急性気管支炎は、鼻水・のどの痛み・疲労感・悪寒といった風邪の症状から始まります。

ウイルス性気管支炎の場合では、咳と一緒に少量の白い痰が出ることがよくあり、痰は白色から緑色、または黄色に変化していきますが、このような白い痰を伴う場合には、念のため病院で診察を受けると良いでしょう。
 
スポンサーリンク

急性気管支炎の治療

急性気管支炎,症状咳、痰への対症療法と感染を疑う場合には抗菌薬の投与され、咳がひどい場合には咳止めの薬が処方されます。

また、痰に対して去痰薬を処方されることがあります。去痰薬とは、分泌物を柔らかくし、咳と一緒に痰を出しやすくする薬になります。

肺炎を発症していないか確認するために、胸部のX線(レントゲン)検査が行われることがあります。
 

スポンサーリンク