アレルギー性気管支炎

気管支炎を発症する原因は様々です。例えば、ウイルス感染、大気汚染、タバコ、アレルギーなどが考えられています。
アレルギーが原因で発症している気管支炎をアレルギー性気管支炎と呼びます。

アレルギー性気管支炎とは、気管支にダニやハウスダストなどのアレルゲンが入ることによって、アレルギー反応を起こすというアレルギー疾患です。

風邪の2次感染に続いて、発症率の高い気管支炎になります。

アレルギー性気管支炎の症状は、最初はコンコンという乾いた咳なのですが、次第にゴホゴホと湿ったような咳に変わり、痰はそんなに出ないのが特徴です。

さらに、胸の痛みや喘息のようなゼーゼーといった喘鳴が現れ、高熱になることがありますが全く出ない時もあります。
 

スポンサーリンク

アレルギー性気管支炎の治療

アレルギー性気管支炎の治療は、主に対処療法が中心となります。

とにかく咳が激しく出るので咳止めの薬が処方される他、気道を広げる薬や去痰薬が処方されることもあります。

アレルギー性気管支炎症状が風邪と似ているため、市販薬の咳止めや風邪薬を服用する方もいますが、抗ヒスタミンが入っているものは気道が乾いていまい痰が出にくくなるので注意してください。

アレルギー性気管支炎では、原因となるアレルギーその物質を除去しなければ、なかなか治りません。

何に対してアレルギー反応を起こしているのかは、病院で血液検査をすれば、ハウスダストや花粉、ペットなどのアレルゲンを特定することが可能になります。

うがいや手洗いやマスクの着用も予防に繋がりますが、アレルゲンがハウスダストやダニならば細目に掃除をして、アレルゲンを吸い込まないようにするのが大切です。
 

スポンサーリンク