気管支炎と咳喘息の違い

風邪だから数日で良くなると思ったらだけが止まらない、自然治癒するか様子を見ていたが数週間以上も続いている、このような症状は気管支炎や咳喘息でよく見られる症状です。

気管支炎と咳喘息とでは、何が違ってくるのでしょうか?
 

スポンサーリンク

気管支炎の主な症状は咳と痰

気管支炎とは、気管支に炎症を起こしている状態となり、また、炎症とは感染やけがなど体の組織が損傷を受けた時に起こる体の防御反応の一つです。

これら気管支炎の代表的な症状がです。

冒頭で挙げたように、風邪の後に続いてひどい咳が数週間続く、というのは急性気管支炎ではよく見られる症状です。

また、風邪等も引いていないのに気が付いたら咳や痰がずっと(それも数か月ほども)続いている場合は、喫煙者によく見られる慢性気管支炎の可能性が考えられます。
 

咳喘息の主な症状は長引く咳

一方の咳喘息ですが、気管支に慢性的な炎症がみられたり、慢性的に気管支の粘膜が過敏になっている状態なことが考えられます。

そのため、何らかの刺激を受けることで気管支の内腔が狭くなって咳が出るのです。

咳喘息この慢性的な炎症や気管支粘膜の過敏性については、
 
  • ・風邪がきっかけとなる人
  • ・アレルギー
  • ・たばこ
  • ・大気汚染
 
以上のようなことが原因となる方もいます。

咳がおよそ2か月以上続いていると咳喘息と見なされます。

気管支炎との違いは、咳喘息では咳と一緒に痰が出ることが少なく、空咳であるケースが多くなります。

また、咳喘息が悪化する要因としては、何かの刺激がきっかけとなっいることが多く、例えば、アレルギー物質や刺激物・温度・季節・運動・時間帯(夜間や早朝)・ストレスなどが考えられます。

症状から見ると、発作性の違いや痰の有無などが気管支炎との違いとして考えられるのではないでしょうか。
 

咳喘息の治療

咳喘息と気管支炎では病態が違うため、治療方法も異なります。

気管支炎では咳を抑えて痰を出やすくするといった対症療法が主になります。

しかし、咳喘息では、気管支を拡げる薬を使用することで発作の軽減を目的とします。

喘息の患者さんには、風邪から気管支炎を併発することもあり、症状の違いだけでは見分けづらい部分もあります。

とくに小児や高齢者においては、気管支炎や喘息発作から重篤な呼吸困難に陥る可能性があるため、咳が長引くような時には専門医の受診が勧められます。
 

スポンサーリンク