気管支拡張症

気管支拡張症とは、何らかの原因によって気管支が太くなったり、袋のような形になるなど拡張することによる症状や、呼吸に支障を来す病気を気管支拡張症と呼びます。
 

気管支拡張症の原因

気管支拡張症の主な原因としては、気管支炎や肺炎を小児期に経験していたり、もしくは繰り返していた、先天的(生まれつき)に気管支に問題がある、さらには免疫異常などが挙げられます。

また、感染症は気管支拡張症の重要な原因でもあり、増悪させる要因にもなります。

気管支がまだしっかりと発達していない乳幼児期に炎症等の病気を繰り返していると、気管支の粘膜が損傷を受けて弱くなることで気管支が拡張することが考えられます。
 
スポンサーリンク

気管支拡張症の症状

気管支拡張症の症状は痰や咳です。粘膜が弱く傷つきやすいため、進行すると喀血血痰もみられることがあります。

また、気管支拡張症の患者さんは、風邪(上気道炎)にもかかりやすかったり、こじらせやすいことが多く、気管支炎や肺炎を繰り返しやすいのも特徴です。
 

気管支拡張症の治療

気管支拡張症は、気道粘膜の炎症性変化による病気です。傷ついて弱ってしまった気道粘膜は元の状態に戻すことは難しいことが言えます。

そのため、症状の緩和や、今以上の悪化を防止するということが主な治療目標になります。

気管支拡張症気管支拡張症では細菌や真菌(カビの類)の感染も受けやすくなります。

感染があるとさらなる気管支や肺の状態が悪化が予測され、万一、感染症が疑われる場合には、菌に対応した抗生物質や抗真菌薬び処方が選択されることが多くあります。

また、痰の分泌や切れをスムーズにするため、痰を切れやすくする薬や気道粘膜を整える薬が処方される場合も多くあります。

喀血が見られる時には、止血剤が使用され、大量出血の場合には血管造影でカテーテル治療が選択される場合もあります。

呼吸機能に支障があり、酸素量の低下といった症状が見られる場合は酸素療法が検討されます。

薬物療法で症状の緩和や改善がみられない、または大量出血を繰り返すような場合には、外科的手術が検討されることもあり、その場合には拡張した気管支や肺を部分的に切除していきます。
 

スポンサーリンク