子供・小児の気管支炎

小児がかかる気管支炎は、主には急性気管支炎です。その原因の多くはウイルス感染によるものだと考えられています。

また、ウイルス感染の後でも、二次的に細菌感染を起こす場合もあります。

小児がよくかかるウイルスには、アデノウイルスやインフルエンザウイルスなどが挙げられます。

これらのウイルスは風邪(上気道炎)を起こすウイルスでもあります。

また、細菌では、溶連菌・百日咳菌などが急性気管支炎の原因となり、小児がよく感染する細菌の種類です。

小児がウイルスや細菌に感染しやすい理由としては下記のようなことが考えられます。

  • ・乳幼児では抵抗力が十分でないこと
  • ・汚れた手を口に運ぶ
  • ・汚れたものを口に入れる
  • ・手洗いうがいなどの感染予防が徹底しづらいこと
  • ・幼稚園や学校など、集団感染を受けやすいこと
 
スポンサーリンク

小児の気管支炎の症状

小児の気管支炎は、感染症によるものが多く、症状としては長期に続くや痰、感染によって発熱を伴うことが多くあります。

また、鼻水や胃腸症状など風邪のような症状を伴う場合や、これらの症状が先に起きてから気管支炎を起こすこともあります。

小児の気管支炎で注意したいのが、気管支が細いため強い炎症によって、気管支の粘膜が腫れ上がってしまうことです。

腫れることで、気管支の内腔(空気が通る部分)が細くなることがあります。

そのため、喘息のように「ぜいぜい」とした呼吸音(喘鳴)がしたり、時に呼吸困難に陥ることもあります。

特に乳幼児は、極度に空気の通り道が細くなることで空気の通りが悪くなり、陥没呼吸(呼吸とともに胸の真ん中が凹む)になったり、チアノーゼ(酸素欠乏によって皮膚や唇・爪・白目などが青みを帯びること)を発症することがあります。

このような症状に気付いたら明らかに酸欠の状態となりますので、直ぐに小児科を受診が必要になります。
 

小児の気管支炎の治療

小児の急性気管支炎の原因の多くがウイルスとされていますが、多くのウイルスに効くという特効薬はありません。

そのため、治療は対症療法が主になります。

子供・小児の気管支炎但し、インフルエンザのように感染したウイルスが判明していて、治療薬があるウイルスであれば抗ウイルス薬が用いられます。

また、細菌感染が疑われたり、二次的な細菌感染を防ぐ目的で抗生物質が投与されることもあります。

主な対症療法としては、咳止め・痰の切れが良くなる薬・気道粘膜を潤滑にする薬などの処方が考えられます。

喘息のような喘鳴が見られる場合には、気管支を広げる薬が用いられます。

但し、陥没呼吸やチアノーゼが見られる場合、必要に応じて入院し、酸素投与や点滴での治療が必要になる場合もあります。

小児の薬の服用に関しては、飲み薬や吸入薬が上手く使えないこともがあるため、飲みやすいシロップや貼り薬などで処方されることもあります。
 

受診は耳鼻科か小児科へ

風邪(上気道炎)を引いた場合、近所の耳鼻科を受診される方も少なくありません。

耳鼻科でも小児診療に慣れたクリニックであれば、気管支炎の診断や治療は可能な場合があります

しかし、気管支炎は診療科目としては耳鼻科の範疇を超えていています。

咳が長続きする・症状が重いなど、普通の風邪ではないと気付かれた時には小児科で診察を受けるのが適切かもしれません。
 

スポンサーリンク