乳幼児の気管支炎

気管支炎は乳幼児にも発症する可能性があり、季節に関係なく一年中いつでも発症しますが特に冬場に多くなります。

乳幼児の気管支炎の症状は、ゴロゴロと痰の絡んだ咳が特徴です。赤ちゃんの気管支は細いため、気管支が腫れるとゼーゼーといった喘鳴が起こりやすくなるのです。

また、咳が刺激となって嘔吐をすることがあります。

赤ちゃんの気管支炎では、原因がウイルス感染であることが多いため、風邪と同じ様な鼻水や高熱、くしゃみや喉の痛みなどの症状がみられます。

治療では、咳がある場合には咳止め薬、痰が出る場合は去痰剤、喘鳴の症状がある場合には、気管支を広げる貼り薬などが処方されます。
 

スポンサーリンク

気管支炎,乳幼児ウイルス事体に効く薬はないので、気管支炎の治療は対処療法が中心となりますが、細菌による二次感染が起こっている時には抗生物質等が処方されることがあります。

学童期ぐらいの子供が気管支炎を発症しても、重症化することは少ないですが、赤ちゃんが気管支炎になると、気管支が細いことや免疫力が弱いことから重症化する可能性が高いので注意しましょう。

そんなことから風邪が長引いたり、ゼーゼーという喘鳴、痰がゴロゴロと絡んで咳が激しい時には、早めに病院を受診しましょう。
 

スポンサーリンク