3分でわかる気管支炎の症状 > 気管支炎の原因 > 気管支炎と喫煙(タバコ)の影響

気管支炎と喫煙(タバコ)の影響

喫煙(タバコ)が原因として起こる気管支炎としては慢性気管支炎が考えられます。

慢性気管支炎とは、現在ではCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の一つと区別されている病気です。

COPDとは、慢性的な咳や痰、呼吸困難を主な症状とした病気とされ、喫煙歴のある男性が加齢とともに発症数が増加している疾患です。

喫煙が原因とされる弊害としては、代表的な病気と言えます。
 

スポンサーリンク

タバコの煙にはニコチン以外に様々な有害物質が多数含まれ、喫煙をすることで気道の粘膜や肺が煙にさらされるため、その刺激で炎症(体の防御反応)が起こるとされています。

長期間の炎症が起きることで、気道の粘膜や肺は変性し弾力を失い、硬くなったり、壁が厚くなることが考えられます。

そうなることで気流制限という空気を吐き出しにくい状態となり、COPDの主な病態になります。

慢性気管支炎は、この長期に慢性的な炎症が気管支に起きた状態です。

この慢性気管支炎の主要な原因とされているタバコの煙は、喫煙者でも受動喫煙でも原因となり得ます。
 

慢性気管支炎と診断されたら

慢性気管支炎は、初期段階ではあまり症状はありませんが、進行することで酷くしつこい咳に悩まされ、些細な運動や刺激でも咳が出るようになり、息苦しさも感じることがあります。

気管支炎と喫煙(たばこ)酷くなると自分で十分な酸素を取り込むことが難しくなり、酸素療法などが必要になる方もいます。

肺や気管支に起きる慢性的な炎症性の変化は、薬などで治すことは非常に困難となります。

今以上に悪くならないようにすることや、現状の呼吸機能を少しでも維持すること、あるいは増悪させないことが治療目標になります。

このようにもし慢性気管支炎と診断された場合には、禁煙は治療として必須とされます。

喫煙を続けることは、気管支炎をさらに増悪させるだけだからです。

受動喫煙が原因で慢性気管支炎と診断された場合、喫煙者である家族も協力して環境を調整したりすることが必要になります。
 

スポンサーリンク