気管支炎となる原因

急性気管支炎の原因

急性気管支炎の主な原因とされているのが感染症です。その多くはウイルス感染によるものだと考えられています。

急性気管支炎を引き起こすウイルスは、風邪の原因とされるようなウイルスとされ、代表的なものとしてはアデノウイルスやインフルエンザウイルスなどが挙げられます。

また、ウイルスだけでなく、細菌や肺炎マイコプラズマの感染も急性気管支炎の原因となり、気管支炎を起こす細菌には百日咳菌・溶連菌・肺炎球菌などがあります。

感染症以外の原因としては、有害な気体刺激物を吸引することで気管支炎を起こすこともあります。
 
スポンサーリンク

慢性気管支炎の原因

慢性気管支炎の特に主要な原因となっているのはタバコの煙です。喫煙者はもちろんですが、受動喫煙でも原因となります。

気管支炎になる原因その他、化学物質の吸引なども原因になり得ます。化学物質とは、NOxやSOxによる大気汚染や有毒ガスなどが考えられています。

粉塵(ふんじん)を吸引するような職場や環境などもリスクが高いとされ、また、百日咳や緑膿菌などの感染症も慢性気管支炎の原因となることがあります。

この慢性気管支炎は、男性に多いことでも知られています。

加齢や長期喫煙などが原因で気道の分泌が減ると、有害な物を痰に絡め取って排出する力が弱くなり、慢性気管支炎が起きやすくなると考えられます。

また、ホコリ(ハウスダスト)やダニなどのアレルギーも気管支炎を起こしやすくなることがあります。
 

ストレスが気管支炎の原因に?

ストレスが気管支炎のリスクになり得ることが考えられています。

ストレスが自律神経系に作用することで気管支にも影響し、咳が止まらなくなる方もいるようです。

また、ストレスで免疫低下や乱れるということで、炎症を起こしやすくなるのではと言われています。

直接的な原因になるのではなく、ストレスの環境下において色々な病気が発症しやすくなることが言えます。
 

スポンサーリンク