気管支炎の吸入

気管支炎で処方されることの多い吸入薬には、主に下記の2つが挙げられます。
 

  • ・気管支拡張薬
  • ・吸入ステロイド薬
  • ・上記の配合薬
 
スポンサーリンク

気管支拡張薬

気管支を広げて呼吸の通りを良くするなどの効果が期待できるとされている薬です。処方されることが多いのが主に慢性気管支炎です。

気管支の細胞が傷ついて硬くなり、呼吸がしづらくなるのが慢性気管支炎です。

硬くなって空気の通り道が狭くなった気管支を広げ、息をしやすくするのが気管支拡張薬の働きです。

気管支炎の吸入慢性気管支炎で使われる気管支拡張薬の吸入薬としては、抗コリン薬β2刺激薬などが挙げられます。

いずれも自律神経系に作用するお薬ですので、医師の指示通りに使用することが大事です。

頻脈や動悸などといった副作用を起こす可能性があり、心疾患や高血圧・甲状腺機能亢進症・糖尿病などの持病がある方は、持病の方の主治医とも使用について相談しましょう。

これらの薬は慢性気管支炎では常用となることが多く、定量吸入器(決まった量が1回で噴霧される吸入器)で処方されます。

慢性気管支炎だけでなく、急性気管支炎で呼吸困難が増強した場合には、緊急処置として医療機関で噴霧型の吸入が行われることもあります。

また、小児の急性気管支炎で喘息の症状がある場合には、一時的な使用が検討されることがありますが、吸入が適切にできない時には、同様の効果があるとされる貼り薬が代わりに処方されることもあります。

慢性気管支炎だけでなく、急性気管支炎で呼吸困難が増強した場合には、緊急処置として医療機関で噴霧型の吸入が行われることもあります。
 

吸入ステロイド薬

ステロイドとは、副腎皮質ステロイドのことになります。

強い抗炎症効果を持つ薬として、様々な病気で使用されることの多い薬ですが、気管支炎では気管支の強い炎症を抑える目的で用いられます。

慢性気管支炎において、気管支拡張薬などの治療で病状が改善しない場合にも使われることがある薬です。

また、急性気管支炎の場合、気管支喘息やアレルギーを持病として持っている場合に用いられることがあります。

強い抗炎症作用を持つことから副作用に注意しなければならなく、肺炎など感染症をが考えられます。

このため、用法用量を守ることや吸入の前後には、うがいをするなど口内を清潔にすることが大事になります。
 

スポンサーリンク