気管支炎の治療期間

急性気管支炎では、数日~3週間程度の間、咳や痰が続くのが主な症状となり、その原因はウイルスや細菌による感染症とされています。

この急性期気管支炎の治療期間の目安とされているのは、数日もしくは3~4週間とされています。

基本的に発症から3週間までを急性気管支炎、3週間を超えて8週間までを遷延性咳嗽(まんせいがいそう)と呼びます。
 

スポンサーリンク

感染症の原因となるウイルスには特効薬がなく、対症療法が中心となることもあって、免疫が弱い小児(特に幼児)や高齢者においては重症化することもあり、肺炎など他の感染症を併発することで治療が長くなってしまうこともあります。

気管支炎の治療期間一方の慢性気管支炎ですが、たばこや空気などに含まれる有害物質が主な原因とされ、現在では肺気腫とともにCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と呼ばれ、たばこの弊害として代表的な病気です。

慢性気管支炎は、大人に起こりやすい気管支炎だと言えます。

原因がはっきりしない咳や痰が3か月以上続くような場合には慢性気管支炎が疑われます。

慢性気管支炎と診断された場合、その治療は生涯に渡るものとなることがほとんどです。

長期間、気管支に起きた炎症により、気管支の粘膜に受けたダメージを元に戻すことは難しいとされているためです。

できるだけ病状が進行しないよう、または、症状ができるだけ和らげられるように、という目的で病状に合わせて治療が継続的に行われることになります。
 

スポンサーリンク