3分でわかる気管支炎の症状

*

3分でわかる気管支炎の症状

咳が止まらない...よく痰がでる...発熱も...これは、まさに風邪の症状ですね。

しかし、風邪薬を飲んでいるのに一向に改善しないので、病院を受診したら、初めて風邪ではなく気管支炎だと判明したというケースがよくあります。

気管支炎とは、口と肺の途中に位置する気管支に炎症が起こる状態で、咳や痰などの呼吸器症状を引き起こす病気の総称のことを指します。

気管支炎の主な症状は、いずれも激しい咳が続くのが特徴で、風邪のような発熱や倦怠感などがある場合もあります。

気管支炎を引き起こす原因は様々で、発症年齢層も大人から子供まで誰でもかかる病気で、特に小さな子供は、気管支炎の症状が重症化しやすいといった特徴がありますので注意が必要です。

また、気管支炎を1度発症してしまうと完治するまでに、とても時間のかかる病気でもあります。

当サイトでは、そんな気管支炎の症状や治療、原因、予防などについて、3分でわかるように詳しくわかり易く解説していきます。

スポンサーリンク


気管支炎に関する記事

熱を伴う気管支炎

熱を伴う気管支炎

気管支炎には、急性気管支炎と慢性気管支炎に大きく分類することができますが、熱を伴う気管支炎は主に急性気管支炎の方です。 急性気管支炎とは、咳や痰が数日から3週間程度続くものが多いとされています。 急性…

気管支炎の症状
気管支炎と肺炎の違い

気管支炎と肺炎の違い

肺炎とは、肺に炎症を起こす病気の総称となります。肺炎の原因としては、感染症・食べ物の誤嚥・薬剤など様々なものがあります。 病気の起こり方や原因がよく似ているのは、感染性の急性気管支炎と感染症の肺炎にな…

気管支炎と間違いやすい病気
気管支炎の闘病記・体験談④

気管支炎の闘病記・体験談④

幼児の風邪に注意 私自身の話なのですが、子どもの頃に小児喘息を患っていたのですが児童期を過ぎると完治し、喘息とは縁のない生活を送っていました。 しかし第二子を妊娠中、ストレスのためか一時的に喘息が復活…

気管支炎の闘病記・体験談
気管支喘息

気管支炎と気管支喘息の違い

気管支炎も気管支喘息もともに気管支に起こる病気となり、咳や痰など症状もよく似ています。 また、気管支喘息に気管支炎を併発することもあります。では、気管支炎と気管支喘息は何が違うのでしょうか?…

気管支炎と間違いやすい病気

気管支炎と風邪の違い

通常の風邪であれば2〜3日、長くても1週間くらいで改善されることが多いかと思います。しかし、いつまで経っても咳や痰が止まらず「なぜ風邪が治らないんだろう?」という人が増えています。 その症状は、もしか…

気管支炎と間違いやすい病気